「事業総合賠償責任保険」は
事業を取り巻くさまざまな賠償リスクを補償します。

事例のご紹介

土木工事業のA建設の場合…

道路の掘削工事中に重機の操作を誤って電線に重機のバケットを当ててしまい、電線を破損させてしまった。

損害状況
保険会社に損害調査を依頼すると電線を20メートルの交換が必要となった。
修理見積額を電力会社と保険会社とも協議した結果、80万円が妥当となった。
支払保険金合計
800,000
お客様の声
保険会社と代理店のすばやい対応により、復旧工事もすばやく実施することができ、さらに修理費の全額が保険金でまかなうこともでき本当に助かりました。
土木工事業のAさん

リフォーム工事業のB設備の場合…

ホテルのユニットバス組立工事を請け負い、作業終了後に施主さんに引き渡した。その後ホテルのお客様がユニットバスを使ったところ、排水管に施工ミスがあり階下の各部屋に漏水被害が発生した。

損害状況
保険会社の損害調査の結果、階下の数部屋が天井・壁・クロスに損害の発生を確認。
さらに、復旧工事完了までのホテルの休業損害も発生した。
支払保険金合計
4,505,000

お客様の声
ホテルの損害が財物損害だけではなかった為、どのようにホテル側と交渉しようか途方にくれました。
保険会社の調査によって、実際の休業や諸注意に関する資料を入手でき、それに基づき支払保険金を算定することができました。また、自社の負担もなく、さらに相手様も満足の補償を行うことができました。

リフォーム工事業のB社
※実際のご契約内容および事故内容によってお支払内容は異なります。

保険金をお支払いする場合

業務遂行・施設リスク(工事中)

次のような対人・対物事故によって被保険者が法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害を補償します。

  1. 貴社が行う建設工事中の対人・対物事故
  2. 貴社の営業活動や貴社の施設(本社、事務所、資材置場等)の所有・使用・管理に起因する対人・対物事故
  3. 不測かつ突発的に発生した汚染物質の流出に対する汚染浄化費用(保険期間中500万円を限度にお支払いします。)

事故例

ビル建設工事中、鉄材を落下させてしまい、道路を歩いていた通行人の男性に当たり、死亡させてしまった。

ビル設備改修工事中、スプリンクラーを損壊、漏水事故により什器備品に損害を与えてしまった。

プレハブ住宅工事現場でアウトリガーの固定が不安定だったためクレーン車が転倒。隣家を損壊し、住人にケガをさせてしまった。
*自賠責保険(対人事故の場合)、自動車保険の上乗せ補償となります。

生産物・完成作業リスク(引渡し後)

次のような対人・対物事故によって被保険者が法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害を補償します。

  1. 貴社が行った建設工事の引渡し後に発生した対人・対物事故
  2. 貴社が製造・販売した資材等の製品・商品(生産物)に起因する対人・対物事故

事故例

電気設備改修工事の絶縁ミス(被覆不十分)により、工事引渡し後に火災が発生。事務所の一部と什器備品を焼損してしまった。

店舗工事の引渡し後、排水管の接続不備によりトイレの排水が漏水、階下のゲームセンターを汚損してしまった。

純粋財物使用不能リスク

第三者の財物に物理的な損壊を与えることなく使用不能(次の12をいいます。)にしたことによって、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担する場 合の損害を補償します(保険期間中500万円を限度にお支払いします。)。

  1. 貴社の建設工事、営業活動や施設の所有・使用・管理に起因する事故による第三者の財物の使用不能
  2. 貴社が行った仕事の結果や貴社が製造・販売した製品・商品(生産物)に起因する第三者の財物の使用不能。ただし、その仕事の結果や生産物自体に物理的な損壊が生じた場合に限ります。

事故例

ビル建設工事中にクレーン車が倒れ、近接の店舗に物的損害は与えなかったものの、営業を妨げて休業損失を発生させてしまった。

人格権侵害・宣伝障害リスク

次のような人格権の侵害または宣伝活動に起因する権利侵害によって、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害を補償します(保険期間中500万円を限度にお支払いします。)。

  1. 第三者の自由の侵害、名誉毀損(きそん)、プライバシーの侵害の事故
  2. ホームページやパンフレットなどの宣伝活動に伴う著作権の侵害の事故

事故例

子供が隠れていることに気付かず倉庫を施錠してしまい、翌日に閉じ込められている子供を発見した。

工事遅延損害リスク

貴社が元請となる工事の遂行に起因して発生した対人・対物事故を直接の原因として、工事請負契約書上の履行期日の翌日から起算して6日以上の遅延が生じたことにより、被保険者が工事請負契約書に基づいて法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害を補償します(保険期間中500万円または所定の算式により計算された金額のいずれか低い方を限度にお支払いします。)。

事故例

元請工事中の第三者死亡事故の現場検証のために、工事が2週間中断。請負契約書の履行期日に引渡しできず、発注者から請負契約書に基づく遅延損害金を請求された。

オプション特約のご説明

貴社の事業形態やご要望に合わせてオプション特約を選択していただけます。

工事中に作業対象物を壊してしまったときのために

作業対象物損壊担保特約

事故が発生!元請の保険を使わずに対応したいときのために

重複保険規定不適用特約

仕事の目的物の完成引き渡し後に発生した対人・対物事故と一緒に仕事の目的物を壊してしまったときのために

仕事の目的物の損壊担保特約

レンタル建機・支給資材の損壊や盗難が発生したときのために

受託物損害担保特約

リース建機を壊してしまったときのために

リース・レンタル建設用工作車特約
  • 「事業総合賠償責任保険」はAIU損害保険会社の商品名です。
  • ご契約に際しましては、事前にパンフレット、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご確認ください。

よくあるご質問

着工した工事内容を
逐次報告する必要があるのか?
必要ありません。直近会計年度の年間売上高により保険料を設定する包括契約ですので、個々の着工する工事を報告する必要はありません。
第三者への賠償事故を起こしたとき、元請から自分の保険で対応するように言われた。元請の保険を使わずに対応することができるか?
重複保険規定不適用特約をセットすると、元請負人が加入する他の保険契約と補償が重複するとき、損害額が一定額以下の場合は、この保険を優先して使用することができます。(業務遂行・施設リスクのみ)
地震が起きたことによって組み立てした足場が倒壊し、隣の家に損害を与えた場合も補償してくれるのか?
地震が原因で第三者の財物に損害を与えた場合は補償できません。

労働災害と公衆災害の2つはセットで考えましょう!どちらの対策も大事です!

従業員の労災事故と通行人・近隣への賠償事故対策は一緒にしましょう!
人通りや車通りが多い中での建設工事…。
安全管理は企業の義務ですが、どんなに注意しても思いがけない事故が起こるものです。

事業総合賠償責任保険と合せて、ハイパー任意労災もご覧ください!

お申し込みまでの流れ

ご希望により加入証明書を発行することが可能です

  1. STEP1お問い合わせ
    お問い合わせ

    お電話もしくはWEBからお問い合わせください。

    お問い合わせ
  2. STEP2お打合せ
    お打合せ

    お客様に適切な保険プランを弊社営業よりご案内させていただきます。

    お打合せ
  3. STEP3ご契約
    ご契約

    ご契約内容をご確認いただきます。手続き書類の書き方も弊社がサポートしますのでご安心ください。

    ご契約
  4. 手続き完了
    手続き完了

    ご依頼により加入証明書を発行します。保険証券は後日、保険会社より届きます。事故が発生した場合は、都度弊社までご連絡ください。

    手続き完了

多くの方に電話無料相談
ご利用いただいております!

  • 「保険のことはさっぱり分からなかったけど、丁寧に説明してくれた!」
  • 「元請けから保険加入を求められ、親身になって相談に乗ってくれた」

このようなお声をいただいております。
まずは、保険について不安という方でも安心してお気軽にお問い合わせください。

  • 03-3836-3600
  • 携帯・PHSもOK!お電話でのご相談はこちら受付時間 9:00~18:00(土日祝休み)

※混雑状況によっては多少お時間がかかる場合もございます。あらかじめご了承ください。

メールでのご相談は24時間受付中!

無料資料請求はこちら