従業員が仕事中にケガ・事故で死亡・過労による脳や心臓疾患、どうしよう!
見舞金・休業補償を払ってやらないとなぁ・・・

事例のご紹介

大工工事のAさんの場合…

現場で立てかけていた木材が倒れて、下請作業員(一人親方)が下敷きとなり左足を骨折してしまった。

契約内容
死亡補償保険金・・・1,500万円
後遺障害補償保険金・・・1,500万円~60万円(1級~14級)
通院補償保険金日額・・・5,000円
休業補償保険金日額・・・10,000円
(支払限度日数 90日)
医療費用補償保険金・・・100万円
補償内容
通院保険金   5,000円X30日=150,000円
休業補償保険金 10,000円X80日=800,000円
医療費用補償保険金 162,110円
保険金合計
1,112,110
お客様の声
一人親方である下請作業員がケガをしたのですが労災保険の特別加入をしていませんでした。そのときは本当にどうして良いかわからない状態でしたが、代理店に連絡を取ったところ、下請けの一人親方も対象になると聞いて安心しました。
大工工事のAさん

型枠工事業のBさんの場合…

従業員が電気ノコギリで左手の腱を切ってしまい、腱を繋ぐ手術とリハビリのため3ヶ月間休業することになった。

契約内容
死亡補償保険金・・・1,000万円
後遺障害補償保険金・・・1,000万円~40万円(1級~14級)
通院補償保険金日額・・・5,000円
休業補償保険金日額・・・10,000円
(支払限度日数 90日)
補償内容
後遺障害補償保険金 100万円(12等級)
通院補償保険金 5,000円X30日(ギブス固定期間一部含む)=150,000円
休業補償保険金 10,000円X90日=900,000円
保険金合計
2,050,000
お客様の声
労災保険以外にこの保険に入っており、安心して治療に専念させることができました。左手首の動きに障害が残り、後遺障害の認定をされました。
型枠工事業のBさん

建設工事業の社長Cさんの場合…

社長が会社からの帰宅途中に駅の階段で転倒してしまった。左足首を粉砕骨折し、手術と入院7日と通院をした。さらに70日間の休業をした。

契約内容
死亡補償保険金・・・1,000万円
後遺障害補償保険金・・・1,000万円~40万円(1級~14級)
入院補償保険金日額・・・10,000円
入院補償一時金・・・100,000円
通院補償保険金日額・・・5,000円
休業補償保険金日額・・・5,000円(支払限度日数90日)
補償内容
入院補償保険金 10,000円×7日=70,000円
手術補償保険金 100,000円
入院補償一時金 100,000円
通院補償保険金 5,000円X50日(ギブス固定期間一部含む)=250,000円
休業補償保険金 5,000円×70日=350,000円
保険金合計
870,000
お客様の声
社長のケガでもこれだけの補償ができ、助かりました。
建設工事業の社長Cさん
※実際のご契約内容および事故内容によってお支払内容は異なります。

ハイパー任意労災

建設業向けハイパー任意労災の特徴

  1. 事業主・役員・従業員はもちろん、パート・アルバイト、下請全員を補償の対象にすることができます。労災の特別加入制度に未加入の一人親方も補償の対象となります。
  2. 死亡・後遺障害はもちろん休業医療費用も補償します。

    従業員・下請の事業主・下請作業員・一人親方などが現場などでケガをした場合や、就業不能となった場合の休業、実際に負担した治療費用を補償します。

  3. 保険金は、ご契約者に対して労災認定を待たずにお支払いします。

    ※使用者賠償責任補償特約における損害賠償保険金、または過労などによる脳・心臓疾患、精神障害を原因とする死亡補償保険金、後遺障害補償保険金、および自殺行為による身体の障害に対する保険金のお支払いには、労災の給付決定などの認定が必要となります。

  4. 高額化する労災訴訟への備えとして、最高3億円(注)までの損害賠償責任に対応!!
    下請企業が被る損害賠償責任についても補償します。

    ※損害賠償保険金の支払いにあたっては、政府労災保険などによる給付決定、または業務災害・通勤災害に該当しないことを理由とした不支給決定が必要となります。

    (注)事業内容によっては引受限度額が1災害最高1億円になります。

  5. 通勤途上のケガ、熱中症や日射病まで補償

    業務中のケガはもちろん、「通勤経路による通勤途上のケガ」、熱中症、日射病などの「業務による症状」も補償します。

  6. 過労による脳・心臓疾患などの病気による死亡・後遺障害も補償

    労災給付が決定した場合に、お支払い対象となります。

  7. 弁護士に相談・交渉の代理を依頼した場合も補償

    事業主相談費用等補償特約をセットいただくことによって弁護士費用を補償します。

洩れなく安心!建設業向け労災上乗せプランの補償範囲

建設業向け労災上乗せプランの補償範囲イメージ図

契約者が元請の場合

貴社のニーズに合わせて、補償をお選びいただけます。お選びいただいた保険金について、ご契約の保険金額をお支払いします。

  • 死亡補償保険金基本補償
  • 手術補償保険金
  • 通院補償保険金
  • 医療費用補償保険金
  • 休業補償保険金(長期重点型)
  • 入院補償保険金
  • 後遺障害補償保険金
  • 入院補償一時金
  • 休業療養補償保険金等(短期重点型)
  • 使用者賠償責任補償保険金
  • 事業主相談費用等保険金
  • 仕事が原因のケガ・病気の補償
  • 労務トラブルの初期対応策
  • 万一の高額賠償に備える補償

詳しくはこちら

選べる休業補償 短期重点・長期重点

充実した給付項目! 短期重点プラン(休業療養補償保険金等支払特約)

現場作業中転倒して肘を突いた際に、鎖骨を骨折。入院を12日間(手術あり)し、退院後、6日の通院。ケガをした翌日から仕事に戻るまで、29日間かかった。

休業短期重点 休業 10,000円

→

お支払いの保険金 休業 10,000円×29日=290,000円 手術 入院して所定の手術を受けた 100,000円

保険金合計 490,000円

ケガなどを被った日から180日以内、かつ、保険期間中に就業不能となった場合に、次の保険金をお支払いします。

休業療養補償保険金(日額)
就業不能となった1日目から日額をお支払いします。
(1事故につき就業不能開始日から30日の期間が限度)
手術療養補償保険金
就業不能が開始した日から30日以内に所定の手術を受けた場合に、入院の有無に応じた額をお支払いします。
(1事故につき1回)
入院療養補償一時金
就業不能が開始した日から30日以内に、1泊2日以上の入院を開始し通算入院日数が8日以上となった場合に、お支払いします。
(1事故につき1回)
長期休業療養補償一時金
就業不能が開始した日から30日間継続して就業不能となり、かつ、31日目においても就業不能が継続していた場合に、お支払いします。

最長2年間補償可能! 長期重点プラン(休業補償保険金支払特約)

仕事中高所から落ち、足首を骨折。入院を24日間し、退院後20日の通院。松葉杖なしで歩けるようになり、仕事に復帰するまでに、ケガをした翌日から113日間かかった。

休業長期重点 休業 10,000円

→

お支払いの保険金 休業 10,000円×113日=1,130,000円

保険金合計 1,130,000円

休業補償保険金
(日額)
ケガなどを被った日から180日以内、かつ、保険期間中に就業不能となった場合に、1日目から日額をお支払いします。
(1事故につき就業不能開始日から90日・180日・1年・2年の期間のいずれかが限度)
(注)被ったケガなどが所定の種類に該当し、かつ休業補償保険金の支払いを受ける前に、休業補償一時金を選んだ場合には、本保険金に代えて、休業補償一時金として別途定めた金額をお支払いします。

(注)短期重点プラン(休業療養補償保険金等支払特約)と長期重点プラン(休業補償保険金支払特約)は、同時にセットすることはできません。

  • 「ハイパー任意労災」はAIU損害保険会社の業務災害総合保険のペットネームです。
  • これらの特約はハイパー任意労災(業務災害総合保険)にセットしてお引き受けします。特約のみでのお引受けはできませんのでご了承ください。
  • ご契約に際しましては、事前にパンフレット、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご確認ください。

よくあるご質問

従業員や作業員の入れ替えを、いちいち報告をしなければいけないのか?
報告不要です。直近会計年度の年間売上により保険料を設定する包括契約ですので、追加や減員による報告は不要で、御社の社員から下請作業員まで、御社の仕事・工事に携わる方は自動的に補償対象者となります。
出張で泊まりとなる仕事も多い。宿泊先でのケガも対象になるのか?
対象となります。ただし、就業中・通退勤中を補償対象とした場合には、プライベートで外出された際のケガなどで業務起因性が認めれらない場合は補償されません。
政府労災の給付と重複しても給付されるのか?
死亡補償・後遺障害補償・休業補償、入院補償などは契約時に定めた定額給付となり、政府労災と重複しても給付されます。ただし、医療費用補償は、重複給付にはなりません。
この保険に加入すれば、他に従業員・作業員に対する保険は不要か?
この保険は、労働災害を総合的に補償し、政府労災の上乗せプランとしても、民事上の賠償責任を補償することもできます。従業員への福利厚生面からの保険については他のプランもご案内できます。
この保険の保険金を使って従業員に補償した場合は、会社からの補償や見舞金となるのか?
この保険の被保険者は会社ですので、この保険から支払われる保険金はすべて見舞金または損害賠償金となります。
下請けを使っていないので、保険料が安くなるか?
保険料も安くなります。下請けを含めない契約もできます。

労働災害と公衆災害の2つはセットで考えましょう!どちらの対策も大事です!

従業員の労災事故と通行人・近隣への賠償事故対策は一緒にしましょう!
人通りや車通りが多い中での建設工事…。
安全管理は企業の義務ですが、どんなに注意しても思いがけない事故が起こるものです。

お申し込みまでの流れ

ご希望により加入証明書を発行することが可能です

  1. STEP1お問い合わせ
    お問い合わせ

    お電話もしくはWEBからお問い合わせください。

    お問い合わせ
  2. STEP2お打合せ
    お打合せ

    お客様に適切な保険プランを弊社営業よりご案内させていただきます。

    お打合せ
  3. STEP3ご契約
    ご契約

    ご契約内容をご確認いただきます。手続き書類の書き方も弊社がサポートしますのでご安心ください。

    ご契約
  4. 手続き完了
    手続き完了

    ご依頼により加入証明書を発行します。保険証券は後日、保険会社より届きます。事故が発生した場合は、都度弊社までご連絡ください。

    手続き完了

多くの方に電話無料相談
ご利用いただいております!

  • 「保険のことはさっぱり分からなかったけど、丁寧に説明してくれた!」
  • 「元請けから保険加入を求められ、親身になって相談に乗ってくれた」

このようなお声をいただいております。
まずは、保険について不安という方でも安心してお気軽にお問い合わせください。

  • 03-3836-3600
  • 携帯・PHSもOK!お電話でのご相談はこちら受付時間 9:00~18:00(土日祝休み)

※混雑状況によっては多少お時間がかかる場合もございます。あらかじめご了承ください。

メールでのご相談は24時間受付中!

無料資料請求はこちら